fc2ブログ

2024-02

櫻と飛行機。 - 2015.03.31 Tue

兄が金沢転勤の頃、度々Hahagimiは兄に連れられて金沢へ行っていた。

80歳前半、初めての飛行機。






      






それ以来、Hahagimiは飛行機に乗ったこと、
雲の上を飛んだ事を自慢げに話していた。

そして、空を観るのが好きになった。



Hahagimiは、やはり母親、母性本能が強かった。

子どもや孫が興味を持っているものを盛んに吸収していた。

そう、子ども達と話が出来るためにだ。

なので、年の割には若い事を良く知っていた。

モー娘。もジャニーズも良く知っていた。

その為、いつの間にか森進一とともに櫻井翔のファンに。

ベッドの横には翔ちゃんの写真が。
訪問看護士の人に「翔ちゃんの写真だ。翔ちゃん好きなの?」
「可愛くて好きだよ。でも、断然森進だね。」

可愛い翔ちゃんも森進一を越える事は無かった。

葬式の時、葬儀社の方がBGMで森進の曲を流してくれた。
ちょっとスナック風になり場が和んだ。が、充分にHahagimiを忍ぶ事が出来た。

病院の行き帰りに観た牡丹桜を観る度に
「ほら櫻がボッチャリ咲いている」と喜んでいた。



櫻と飛行機、そしてTVに出てくる翔ちゃんを観る度に
Hahagimiを思い出す。 -Z-









● COMMENT ●

芯となる部分はぶれない。
だけど、頭を凝り固ませることなく新しいモノも柔軟に取り入れる。

理想的な思考です。
母性本能の成せる崇高な技なんでしょうか。。。

Re: タイトルなし

くぅママさん、テンキュー。

有り難う。その言葉です。言い当てていると思います。「芯となる部分はぶれない」
確かにそうでした。だからYさんも接し易かったと言っています。嫁姑の関係が上手くいきました。
YさんもHahagimiも裏表が無いのでお互いそれが分かれば簡単だったようです。
息子のZには解らないものが有ったでしょうね。

最期の2〜3ヶ月のHahagimiの姿勢には恐れ入りました。
人(人格?)としてHahagimiを越える事は出来ないです。
なので、私は別の存在価値を残りの人生で残したいと思います。
否、残すと言うよりも好き勝手やります。

Hahagimiを看取っていろいろと考えさせられています。
人生、命、人間を考え、実行するのがHahagimiへの供養になると考えています。
人の命、人生って凄いですね。


管理者にだけ表示を許可する

浅草の人には内緒。。。 «  | BLOG TOP |  » グリーンスタンプのその後。

プロフィール

Zubola & Yaruqi

Author:Zubola & Yaruqi
 
ちょっと変わった視点のZubola
自然が大好きなYaruqi
甘え上手で熟女だったBotty…の
二人と一ワンです。

Bottyは2013年11月18日に
17歳2ヶ月13日で次の世界へ。
Mダックス・シルバーダップル。

Yaruqiのブログ (Zubolaの相方)
「Zubolaですが。覚え書き。」
昆虫や植物を載せています。
よろしかったら覗いてみて下さい。

なぜだか訪問足跡は
「Zubolaですが。」
「Zubolaですが。覚え書き。」の
どれかになります。

誹謗、中傷、無関係(常連さんは別)と思われるコメは削除、スルーさせて頂きます。あしからず。。。

掲載作品の転載、コピー、二次加工を禁じます。ご協力ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ズボラな写真 (874)
ちょいと~な絵 (163)
Zだもん! (88)
Bottyの視点 (116)
日常Botty (212)
日常Botty 親バカ (139)
日常動植物 (115)
Yの体験農園 (229)
Yのご近所ばなし (49)
Yのぶらりベランダ (68)
Yの生きものだらけ (67)
Yのちょっとメモ写真 (193)
Yの切り花鑑賞も観察も (12)
hahagimi帖面デザイン (48)
日常トリミング (2299)
差し上げます。 (1)
動物保護関連情報 (5)
乗っ取り歓迎 (13)
月刊Z仮住まい (19)
お知らせ (10)
コメントの仕方 (1)

月別アーカイブ

ブロとも一覧


松井なつ代のやま

『日々、日めくり。』

Zubolaですが。覚え書き。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示